仮想通貨考察

ビットコインにさようなら? 何故アルトコインが底値を打ったかの理由

2019年を通して、ビットコインはほとんど強気で、底値からピーク値まで350%も値段上昇しましたが、一方で全てのアルトコイン市場はさらに出血を続けている状況です。

しかし、ある仮想通貨分析の専門家によると、長期チャートは、アルトコイン市場全体が底を打った事を示唆しています。 ビットコイン優位チャートも理論を裏付けており、アルトコインは、すぐに価値が爆発的に上昇するだけでなく、短期的には時価総額で主要な仮想通貨であるビットコインよりも優れている事を示しています。

アルトコインは、底を打ったと仮想通貨アナリストが発言

年の初めに、ビットコインとイーサリアム、リップル、ライトコインなどのアルトコインの両方が底を打ったようで、着実に上昇を開始し始めました。 しかし、2019年4月に2つの仮想通貨の資産タイプに分岐し、ビットコインは放物線的な値段上昇を続けましたが、その一方で、アルトコインは低迷したまま、仮想通貨市場全体に広がりました。

ビットコインの価値が上昇するほど、アルトコイン保有者(以前の最高値から99%も下落したコインを保有したままの人が多い)がアルトコインを売り始め、ビットコインへのFOMO買いが可能になり、最終的にビットコイン資産の歴史上、そしておそらく金融の歴史上で最大の強気相場になる可能性についてのチャンスを逃さない様に、ビットコインを買い進めました。

しかしながら、ビットコインの値段上昇でさえもトップに達し、市場を混乱状態に陥れました。 最初の仮想通貨であるビットコインが再び息を吹き返してきている現状ですが、一方で、アルトコインは最終的に底を打つ可能性が高い嵐の前の静けさであり、まさに価値が急上昇しようとしている状況であり、非常に近い将来に、ビットコインのパフォーマンスを上回ります。


このアイデアは、仮想通貨アナリストのCrypto Thies氏より来ており、彼はビットコインを除く仮想通貨市場の総キャップに焦点を当てたチャートを共有しており、最近の平均足キャンドルはその結論に近い低ボラティリティ段階を示していると発言しています。

全てのアルトコイン市場チャートでは、指標が上向きになり、ボリュームが上昇しており、アナリストによると、最新の緑色のローソクは、「スナップする前のピンと張ったロープ」のような物だそうです。もし、スナップすると、値段の急上昇が予想されます。

ビットコインの優位性が、アルトコインのボトム理論を裏付ける

アナリストは、さらにビットコインの優位性を示すチャートを利用して、「アルトコインが底値を打った」というこの理論を裏付けてます。 Thies氏によると、ビットコインの優位性は以前ほど強気ではなくなっており、週ごとの相対的な強さの指標で頭と肩の形が形成されています。

一般的に、頭と肩の形成はトレンド反転の初期兆候を表しており、これは、アルトコインがすぐに上昇傾向にあり、ビットコインよりも長期間にわたって良いパフォーマンスを出す事を示唆しています。これはまた、生き残っている多くのアルトコインを復活させる可能性がある事を意味します。

BITPOINT

関連記事

  1. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Mil…
  2. 60%の確率で、今後3週間以内にビットコインが 10,000ドル…
  3. マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるか…
  4. カナダ:オンタリオタウンは、ビットコインで固定資産税を支払うため…
  5. ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、…
  6. 仮想通貨はTOP20の1通貨を除いて、全て上昇傾向に見える。また…
  7. JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$30…
  8. Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

60%の確率で、今後3週間以内にビットコインが 10,000ドルに急上昇する可能性

世界で最も人気のある仮想通貨のビットコインは、依然として7,800ドル程度のサポートレベルで…

アルトコインが様々な結果を出す中、ビットコインは$ 11,000台に近づいている。

8月4日(日曜日)ビットコイン(BTC)は、本日も勢いを増しており、その値段は11,000ド…

イーサリアムの値段チャートは、ビットコインに対して1000%の利益を得る可能性があるパターンを示している。

2017年にビットコインが大流行して主流メディアになった際、この期間に別の仮想通貨も急増しま…

Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(CEO)は、何故仮想通貨が強気なのかを説明

CCNによると:常に楽観主義者のBinanceのCEOであるChangpeng "CZ" Z…

家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Millennials(2000年代生まれの若い世代)はBitcoinに群がるのだろうか?

歴史上初めて、米国の家計は、株式や不動産の価値の上昇を背景に100兆ドルを超えて急増しました…

今週のトピック

仮想通貨トレーダーは、ビットコインの優位性が弱まっている為、アルトコインの復活時期が近づいていると予測

アルトシーズン(アルトコインシーズン)は、事実上全ての仮想通貨トレーダーが楽しみにしている事…

人気記事

  1. 仮想通貨フィーバーは、ビットコイン取引所の取り締まりにより、日本で14%急落する。
  2. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Millennials(2000年代生まれの若い世代)はBitcoinに群がるのだろうか?
  3. 機関投資家は、一般投資家より、ビットコインに対して強気
  4. 6,000ドル越え:ビットコインの値段が、6ヶ月ぶりの最高値へ急上昇
  5. アナリストたちは、ビットコインが上向きの勢いを増すにつれて、近い将来に9000ドルを超えると信じている
PAGE TOP